Here the Nordic?!

なんてことでしょう!
りんごの収穫終えてないのに、畑の片付け終わってないのに
さすがの信州でも11月にこれだけの積雪はびっくり仰天

でも、この雪のおかげで、
ようやく心にChristmas songが流れはじめました

冬に過ごしたくなる家
目の前は、雪景色のもみの木たち
窓からの眺めはまるでここだけ北欧のよう。

今年も、サンタさんの目印になるようなもみの木のクリスマスツリー
を頂戴いたします。
命ある木々たちよ、いつもこうして家族を見守ってくれてありがとう
感謝しながら飾り付けさせてもらいます。


 
posted by sobockle | 10:26 | flower(植物のこと) | comments(0) | - |
群れない子羊たち

久しぶりに日々のこと・・・

子供たちが入学して8ヶ月、小学校に上がったのに
部屋もなし、机もなし。
勉強はリビングテーブルのみ。
なんとなく落ち着きのない子供たち。
やっぱり、自分だけのスペースは少なくても必要だろうと
ようやくkenがひらめいてくれた。

知人から頂いた年代物の桜の木の裁断台。
おもいきってcutしてなんとコーナー使いの二人の机。
まさかのコーナー!
ものすごくしっくりな出来上がり。

ほら、この通り!
自ら進んで勉強モード。

椅子以外は全て廃材で作られたものです。
学校に行っている間は、私が珈琲片手に読書時間・・・
となりたいが、なかなかそうはいかないのが現実。
冬時間のお楽しみとしますか・・・

我が子供たちは、群れるの苦手な親の血筋なのか
自分だけでなにかをすることが好きなようです。
秘密基地みたいな空間が
子供にとって癒しなんだな。


 
posted by sobockle | 09:48 | the others(ひとりごと的なこと) | comments(0) | - |
そろの木さん納品します

秋の深まりと同時に少し急ぎ足の冬支度

先日のルヴァン展、ありがとうございました
彩心saicoroとしての作家仲間のグループ展といえども
コラボというより、それぞれの作品が今後の飛躍
となれるような舞台という雰囲気の中、
無事に終わって、ほっとしています
個人的にはひとり反省会でしたが

失敗が成功への道しるべになるんだ
それが作家というもんだろう

ふと、夫に言われ、

ああ、そうなのかー
自分はこの先もこの道を歩んでいっていいんだー
ありがとよー
うっかり、再就職考えちゃったよ 笑

ということで、今季最後のそろの木さんへの納品です

展示会で間に合わなかった靴下や
その他、いっぱい・・・
納品させていただきます
お楽しみに♪

そろの木→
11月15日&16日
11時〜17時open
posted by sobockle | 15:48 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
彩心-saicoro- 展示会はじまりました


ルヴァン信州上田店にて6人の作家によるグループ展
いよいよはじまりました
パンの香りに包まれて、ステキな空間で開催中です
信州上田は、ただいま紅葉がきれいです
ぜひ、短い信州の秋をお楽しみくださいね
 
posted by sobockle | 09:35 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
彩心 saicoro 展示会

今年最後の展示会

グループ展をさせていただきますよ

 

彩りの心と書いてサイコロ

6人だからサイコロ

どのイロが出てもよし

どのイロをかけあわせても、それでよし

表と裏をあわせたら7

そう、7番目はあなたですよ

7番目のイロはあなたがつくりあげてね
 

 

 

彩心 -saicoro-
「手仕事で世界をいろどる6人展」
2016.10/31(月)〜11/3(日)
@ルヴァン信州上田店

 

手仕事を愛する6人が出逢い、それぞれの色を持ち寄って「彩心 -saicoro-」が生まれました。
暮らしに寄り添い、心をいろどる作品たちに逢いに来て下さい。

-----

・fructus*makomoko/石けん
・sobockle/土染め
・*しあわせのたね*/フェルト小物・布もの
・apple nonno/布もの・木工
・++aks++/ビーズ刺繍
・atelier ku*/編みもの・布もの

-----

10/31㈪ 11:00〜18:00
11/1㈫〜11/5㈯ 9:00〜18:00
11/6㈰ 9:00〜15:00
※11/2㈬はルヴァン定休日の為、作品展もお休みとなります。


 

posted by sobockle | 05:31 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
ご注文の品々

*ゆったりサルエル
よくみると、薄い紫なんです
素材を綿麻のダブルガーゼに仕立て、彼女らしい
やわらかいイメージ

先日の展示会において
ご注文いただいた品々をご紹介します
お好きな生地とお色とデザイン
各々に目を輝かせながら選んで頂いた品々

みなさま
ご注文ありがとうございました!
それぞれの個性にあった心地よい装いになれるよう
着こなしていただけたら幸いです

*ラップパンツ
背の高いスラッとした方のご注文
裾を15cmほど伸ばして緑がかった藍のお色が
とてもきれい

*リラックスパンツ
yogaをされている方のご注文
いくつかのデザインで悩んでいただいた結果
yogaパンツとしても可能なくらい心地よさ

 
posted by sobockle | 05:08 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
土染めレポート

kajihouseさんでの展示会、無事に終了いたしました
みなさま、本当に有り難うございました!

ただ今、フルマラソン、いや、トレラン中。
ぜいぜい、はぁはぁ
給水所はどこだ、みず、水をくれ〜
ああ〜なんてこと、ここに弁天の清水が〜なんてありがたい〜

ということで、今回土染めをするにあたって、こだわったのは、水。
ここお店のすぐ近くに地元で有名な弁天の清水があります。
ここの水を使って染めたり、さらにその水をクリスタルボールで作った波動水で
染めたりするちょっとした実験をしました。
すると、いつもより染まり具合がぐんとよくなるという結果。

土の粒子は、顔料。水には溶けない。
これは、波動水で生じる磁力に関係し、土の粒子がその磁力によって引きつけられる力が
強く、共に共鳴しあって、布に色が入りやすい状態になっているということ
また、水の粒子が細かく、これも土の粒子を早く布に運んでいるとということ

一方、草木染めは、染料なので水に溶ける。
水の粒子が細かいということは、酸素がより多く存在している。
草木の色素が布に入りやすいのは、この酸素が関係している。

という私なりの分析。
水、深いです。染め、おもしろいです。

多くのお客様のご声援を受けて
まだまだ、走り出しにすぎませんが、見えないゴールに向けて
この道を少しずつ、無理せず走り、ときには歩いていこうと思います。

さて、次のチャレンジコースは、、、
もうスタートしていますよ。





 
posted by sobockle | 05:18 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
夏のおわり、秋いろへ

いよいよ、来週からはじまります秋の展示会
一緒に参加していただくsolunaさん一家が長野へ遊びにきてくれて
はじめてお会いしました。ものすごく不思議な縁を感じました。
子供たち同士も意気投合。もっともっとゆっくりお話してみたかった。
でも、きっとまた会えるはず。

今回の作品は、シンプルな色、デザインを意識しています。
ひとつひとつ手染めしたものなので、量産はできませんが
ゆっくり手にとって触れて、自然素材、自然染めのよさを感じてもらえたら幸いです。


会期中の在廊日です

9月5日、7日、13日、15日

7日、13日は午後13時〜16時
5日、15日は11時30〜16時までおります

*作品だけご覧になることも可能です

土染め&草木染め 展示販売会
〜大地の贈り物 水と土と草のちから〜


2016年9月5日〜8日/12日〜15日
場所:田舎屋オーベルジュ KAJI House 小諸市諸201 →

   090-3440-4836 
時間:11時30分〜16時

作家:sobockle と soluna(

 
posted by sobockle | 13:02 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
土染め&草木染め 大地の贈り物

夏が過ぎようとしています
ここ信州はもうすでに秋の気配を感じます

夏のワークショップもおちつき
秋から冬にかけて、作品づくりに没頭します

ふとしたご縁で東京の草木染め作家さんとコラボで
作品展を行うことになりました

土染め&草木染め 展示販売会
〜大地の贈り物 水と土と草のちから〜


2016年9月5日〜8日/12日〜15日
場所:田舎屋オーベルジュ KAJI House 小諸市諸201 →

   090-3440-4836 

作家:sobockle と soluna(

今回の作品には、クリスタルボールで奏でたクラスター水で染めてみたり
沖縄の土で染めた作品をご用意する予定です

さて、土と草木、同じ自然染め、どんなふうに彩り
どんなふうに奏でるのか私自身、とても楽しみなのです

よかったら、ランチやカフェがてら寄ってみてください
染めに癒され、トークに癒され、そんな空間が楽しめるかもしれません

 
posted by sobockle | 13:34 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
わくわくのびのびえこども塾のお手伝い

 

学生の頃、一瞬、学校の先生になりたかった。

でも自分は子供苦手だし、人前で話すの苦手だと判断し、

呆気なく教職課程をパス。

それから20年、まさか「先生〜!」なんて呼ばれることになるなんて!

 

福島の子供たちのサマーキャンプ「わくわくのびのびえ塾」に

土染め体験のカムキュラムを組んでいただいた。

中国やイギリス人たちの多国籍も加わり、今までにない体験!

 

福島で育った綿を福島の子供たちが自分の手で染めるという

衣食住の衣の部分の体験を通して、何を学べるか。

手を使って、ものを作るという人間の知恵、生きる術、

いくら文明が発達して機械を頼ってもやはりこういう原点は忘れてはいけない

と思う。

人間は手を使わなければ。

それに色という癒し。

子供たちがそれぞれ、目をキラキラ輝かせて真剣に取り組んでいる姿、

それぞれの作品に個性があり、堂々とした作品は、本当に感動し心躍るものがありました。

まだまだ先生と呼ばれるには未熟すぎます。

でも、こういう貴重な体験の積み重ねで人は成長するのでしょうね。

自分に子供ができて歳を重ねて経験があって、そんな歩みから、若かった頃の苦手意識が

払拭したような気がします。

相変わらず、急なフリは苦手ですが。。

少し後悔しているのは、子供たちに伝えたかったことが、全くもって抜けてたことです。

来年もよんでくれるかな。。

 

 

posted by sobockle | 10:32 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |