雑草という草はない

ようやく桜も散り始め、いよいよ雑草シーズン到来!
いろんな草がニョキニョキと。
ちょっとやっかいな雑草たち、
染料としては最高の草花。宝の山!
たんぽぽやよもぎ、、、まだ薪ストーブは欠かせない
朝に一気に煮だし、染め三昧!

(土間ストーブでよかった。水浸しになっても気にならない)

《タマネギ染め》

《たんぽぽ染め》

《よもぎ染め》
まだまだ続きます。
わたしの中では、もう雑草という草は存在しない。




 
posted by sobockle | 13:06 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
森と土と草木をつなげて

馬搬(山で伐採した木を運ぶ馬)復活のヤマトのいる森で
『森あそびインストラクター養成講座』を受講している。
と同時に植物染めにも力をいれようと独学で勉強中。

いったいわたしは何を目指しているのか?
森も畑も土も染めも縫う事も、みんなつながっているっていう
ことを実践しながら、おもしろいことを伝えていきたいのです。

世の中の目線が高く時間も短く・・・
もっと大地をみて、手を動かし、
時間をゆっくり進めていけたらいいのにな
という願いをこめて
自分で実践しながら
子供たちにそんな姿をみせてあげられたらな
とおもう。

来月は、いよいよ本当の子供たちと一緒に(我が子もいます)
森で遊びまくります!


 
posted by sobockle | 13:26 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
森の中でしあわせの青い鳥

2日間、ありがとうございます

展示会、無事に終了致しました

 

展示会やイベントを重ねるごとに勉強になり

刺激を受け、感じ、暖かさな気持ちになり

少しずつ、自分を高められるような努力が出来そうな気がします

 

どんなに頑張って努力してクオリティを高めていっても

その価値は自分ではなく、他者が評価するのであって

誰かがそれを望んでいるものでなければなんの価値がないって

 

そーんなようなこと誰かの言葉でふと、

聞いたなって、、、

 

誰かの喜びにつながるような作品や

表現をこれからもっと続けられたら

幸せだなぁってね

 

そう、思えた2日間でした

 

私たちのノルウェーの森にはしあわせの青い鳥が

ひそかにささやきあっていました

 

ありがとうありがとうありがとう!

 

 

 


 

posted by sobockle | 21:23 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
ノルウェーの森 Bocci de ふたり展


 

小諸市にKike Kafeという

とても素敵なノルウェーのカフェがありますね

 

そちらでなんとなく森をイメージした

作品展をさせていただきます

 

いつもはマジメな天然系の

はじめましての二人展。

タイトルもふざけてますね〜

"ふたりぼっち"からの言葉遊びに

どこかで聞いたことあるタイトル名

 

(しかもなぜかイタリア語、ちなみに

あの小説は"ノルウェイ"ですからね)

 

さて、いったいどうなることか

とても楽しみなのです

 

ノルウェーの森

Bocci de ふたり展

 

2017年3月6日(月)11時〜16時

                7日(火)11時〜15時

 

Kirke Kafe (シリケカフェ)

小諸市市642-1

0267-24-7112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by sobockle | 16:00 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
もんぺ手づくりの会

ふふふ、ほほほ はははー!
もんぺを手縫いで作って染めてみるの会

こういうのやってみたかったのです
ちょうどご希望の方々がいたので
裁断からはじめ、手縫いカフェのようにお茶をしながら
お話しながら、でも手は止めず・・・
外は雪が舞いながらも
あたたかいお部屋で農閑期の冬仕事

最後は、土染めで自分の好きな色で染めてゆきます
3日間かけて(途中、宿題あり)ようやく完成したもんぺたち

春からの農作業、いや農に使うのはもったいなくらい
みなさん、とってもよい仕上がり!
ミシンでは、味わえないポツポツとした糸の縫い目が
なんともいえないあたたかみを感じます

あえて手縫いというところ・・・
はじめて私もやってみましたが、相当気に入りました
今年は手縫いのサクヒンが生まれそうですよ
 
posted by sobockle | 15:10 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
そろの木さん納品します

秋の深まりと同時に少し急ぎ足の冬支度

先日のルヴァン展、ありがとうございました
彩心saicoroとしての作家仲間のグループ展といえども
コラボというより、それぞれの作品が今後の飛躍
となれるような舞台という雰囲気の中、
無事に終わって、ほっとしています
個人的にはひとり反省会でしたが

失敗が成功への道しるべになるんだ
それが作家というもんだろう

ふと、夫に言われ、

ああ、そうなのかー
自分はこの先もこの道を歩んでいっていいんだー
ありがとよー
うっかり、再就職考えちゃったよ 笑

ということで、今季最後のそろの木さんへの納品です

展示会で間に合わなかった靴下や
その他、いっぱい・・・
納品させていただきます
お楽しみに♪

そろの木→
11月15日&16日
11時〜17時open
posted by sobockle | 15:48 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
彩心-saicoro- 展示会はじまりました


ルヴァン信州上田店にて6人の作家によるグループ展
いよいよはじまりました
パンの香りに包まれて、ステキな空間で開催中です
信州上田は、ただいま紅葉がきれいです
ぜひ、短い信州の秋をお楽しみくださいね
 
posted by sobockle | 09:35 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
彩心 saicoro 展示会

今年最後の展示会

グループ展をさせていただきますよ

 

彩りの心と書いてサイコロ

6人だからサイコロ

どのイロが出てもよし

どのイロをかけあわせても、それでよし

表と裏をあわせたら7

そう、7番目はあなたですよ

7番目のイロはあなたがつくりあげてね
 

 

 

彩心 -saicoro-
「手仕事で世界をいろどる6人展」
2016.10/31(月)〜11/3(日)
@ルヴァン信州上田店

 

手仕事を愛する6人が出逢い、それぞれの色を持ち寄って「彩心 -saicoro-」が生まれました。
暮らしに寄り添い、心をいろどる作品たちに逢いに来て下さい。

-----

・fructus*makomoko/石けん
・sobockle/土染め
・*しあわせのたね*/フェルト小物・布もの
・apple nonno/布もの・木工
・++aks++/ビーズ刺繍
・atelier ku*/編みもの・布もの

-----

10/31㈪ 11:00〜18:00
11/1㈫〜11/5㈯ 9:00〜18:00
11/6㈰ 9:00〜15:00
※11/2㈬はルヴァン定休日の為、作品展もお休みとなります。


 

posted by sobockle | 05:31 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
ご注文の品々

*ゆったりサルエル
よくみると、薄い紫なんです
素材を綿麻のダブルガーゼに仕立て、彼女らしい
やわらかいイメージ

先日の展示会において
ご注文いただいた品々をご紹介します
お好きな生地とお色とデザイン
各々に目を輝かせながら選んで頂いた品々

みなさま
ご注文ありがとうございました!
それぞれの個性にあった心地よい装いになれるよう
着こなしていただけたら幸いです

*ラップパンツ
背の高いスラッとした方のご注文
裾を15cmほど伸ばして緑がかった藍のお色が
とてもきれい

*リラックスパンツ
yogaをされている方のご注文
いくつかのデザインで悩んでいただいた結果
yogaパンツとしても可能なくらい心地よさ

 
posted by sobockle | 05:08 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |
土染めレポート

kajihouseさんでの展示会、無事に終了いたしました
みなさま、本当に有り難うございました!

ただ今、フルマラソン、いや、トレラン中。
ぜいぜい、はぁはぁ
給水所はどこだ、みず、水をくれ〜
ああ〜なんてこと、ここに弁天の清水が〜なんてありがたい〜

ということで、今回土染めをするにあたって、こだわったのは、水。
ここお店のすぐ近くに地元で有名な弁天の清水があります。
ここの水を使って染めたり、さらにその水をクリスタルボールで作った波動水で
染めたりするちょっとした実験をしました。
すると、いつもより染まり具合がぐんとよくなるという結果。

土の粒子は、顔料。水には溶けない。
これは、波動水で生じる磁力に関係し、土の粒子がその磁力によって引きつけられる力が
強く、共に共鳴しあって、布に色が入りやすい状態になっているということ
また、水の粒子が細かく、これも土の粒子を早く布に運んでいるとということ

一方、草木染めは、染料なので水に溶ける。
水の粒子が細かいということは、酸素がより多く存在している。
草木の色素が布に入りやすいのは、この酸素が関係している。

という私なりの分析。
水、深いです。染め、おもしろいです。

多くのお客様のご声援を受けて
まだまだ、走り出しにすぎませんが、見えないゴールに向けて
この道を少しずつ、無理せず走り、ときには歩いていこうと思います。

さて、次のチャレンジコースは、、、
もうスタートしていますよ。





 
posted by sobockle | 05:18 | sobockle(ソボックル的なこと) | comments(0) | - |